安全・スピーディに効果を実感

きれいにきちんと脱毛をしたいとお考えの方にオススメなのが、湘南美容外科クリニックの「SBC根こそぎ脱毛」です。この脱毛は、医療用レーザーを使用するので、かなり高い効果を得ることができます。エステでは、この医療用レーザーは扱えないので、エステで脱毛を受けるよりも、安全・効果的・スピーディに効果を実感することができます。

ちなみに、エステと同じ回数をした場合、医療レーザー脱毛の方が断然効果的なのですが、どのくらい効果的かというと、エステで光(フラッシュ)脱毛を6回したのと、医療用レーザー脱毛を3回受けたのと同じぐらいになります。

だから、長期間エステに通うことを考えると、医療用レーザーを使って脱毛を行う方が、短期間で確実な効果を得ることができると言う訳です。きちんとした効果を望むなら、湘南美容外科クリニックをおススメします。

 「今エステに通って脱毛を受けているけど、効果に納得できない」「エステの脱毛は、なかなか効果が実感できないから、通うのが面倒になってくる」「もっと短期間で、綺麗に脱毛できる方法はないのかな?」

などと思っている方は、是非一度、湘南美容外科クリニックの医療レーザー脱毛を体験してみてください。脱毛の効果と安全性を求めている人にはピッタリです。

 

ニードル脱毛は永久脱毛が可能

ニードル脱毛とは、毛穴に直接針を差し込むことで、電気を通す「電気脱毛」のことをいいます。

最近人気のレーザー脱毛や光脱毛と比べ、痛みが強く、費用は高く、施術時間がかかるというデメリットはありますが、レーザー脱毛や光脱毛とは違い1本1本丁寧に時間をかけて処理していくため、とても綺麗に仕上がり、永久脱毛が可能です。

しかも、1度ニードル脱毛を行った毛根からは、ほぼ永久的に毛が生えてくることはないというメリットもあります。

また、黒いメラニン色素に反応してムダ毛を処理するレーザー脱毛や光脱毛とは違い、ニードル脱毛は1本ずつ確実に処理していくので、デザインを整えたい場合にも向いていますし、毛の色を選ばずに脱毛することができるので、白髪や金髪でもきちんと処理することができます。

しかし、レーザー脱毛や光脱毛と違い、施術する方の腕によって施術結果が左右してくるという欠点もあります。そのため、ニードル脱毛を受ける前には必ず受けるクリニックやサロンの口コミ情報を収集し、受ける場所を決める事をお勧めします。

また、ニードル脱毛と言えばとにかく施術が痛いのですが、医療機関であるクリニックで施術を受ける場合には麻酔を使用することができるので、痛みに弱い方は是非クリニックでの施術をお勧めします。

ニードル脱毛には、受ける前に必ず注意しなければならないことがあります。それは、自己処理をしないことです。

レーザー脱毛や光脱毛はやけどの心配があるため、自己処理をしていないと施術をしてもらえませんが、
ニードル脱毛の場合は自己処理をしていると、毛穴に針を差し込む事がでいないため施術をしてもらう事ができません。

「少しでも綺麗に見せよう」という女心からついつい自己処理をしてしまいたくなりますが、ニードル脱毛を受ける際には、自己処理をしないよう注意してくださいね。

内臓脂肪型は成人病の温床に

内臓脂肪型は、成人病との関係が深く皮下脂肪型に比べて不健康、といったイメージがあるようです。

インシュリン非依存型糖尿病をはじめ、高脂血症、高血圧……。これら、さまざまな生活習慣病との関連を見ると、たしかに内臓脂肪型のほうがリスクは高いのです。

女性の場合、月経異常の発症率も皮下脂肪型では14パーセント、内臓脂肪型では67パーセント。圧倒的に割合が高くなっています。ただし、内臓脂肪型だけを不健康扱いにするのは間違い。皮下脂肪型も、内臓脂肪型も、蓄積される脂肪の材料は同じですし、ため込みすぎれば、体に負担がかかることも同じ。

また、内臓脂肪は「たまりやすいけれど、分解されやすい」逆に皮下脂肪は「たまりにくいけれど、一度たまればなかなか分解されない」という特徴も見逃せません。

減食したときの体脂肪が落ちてゆくプロセスは、内臓脂肪→上半身脂肪→下半身脂肪、の順。つまり、真っ先に内臓脂肪が落ち、最後まで頑固に居座り続けるのは下半身脂肪ということになります。

下半身は、毛細血管の分布が少ないため、こちらは体脂肪がたまりにくく、エネルギー化もされにくくなるというわけなのです。「下半身脂肪だから安心」も「内臓脂肪は減らしやすいから安心」も正しくはありません。いうまでもありませんが、どちらも増やしすぎないための予防が第一なのです。

生理前のプラス数キロは、水分量だった

体重計の針が示すプラス?キロに、「まさか、そんなはずない!」と呆然。もし、それがダイエット中で、食事法と運動を正しく行いながら着々と体重を減らしている最中だったとしたら?

わずかなプラスでも、「何でなんだろう?」と、体重が増えた理由をとことん追求したくなってしまうでしょう。でも、その場合、生活習慣を振り返る前に、まず生理周期をチェックしてみてください。

生理が始まる前のほんの数日間で体重の変動があった。増加したのがプラス1~2キロ程度だった。となれば、答えは簡単です。生理前だから、体重が増えたのです。この時期は、ホルモンの作用で、身体の中に水分がたまり、むくみやすくなります。そこで、人によっては1~2キロ体重が増えてしまうことも珍しくありません。

つまり、一時的に増える体重の正体は、体脂肪ではなくて、水分なのです。水分は、人間の体を構成する最大の成分で、体重の約50~60%を占めています。それだけに、体内の水分量の変化は、何より体重に影響します。

汗、尿、便などによって水分がスムーズに排出されれば、体重の減少が起こり、排出がスムーズでなくなれば、体重の増加が起こります。

スポーツでたっぷり汗を流したとなど、体重計にのってみてください。水分量の減少が、体重の減少にそのままあらわれることを、見た目で確認できるでしょう。1~2日間という短期間での体重の変動では、減少したり増加した分はほとんど水分だといえるのです。

かむ筋肉を鍛えてフェイスラインをスッキリ

「横顔になんとなく締まりがないな」と感じている人は、咬筋が鍛えられていない可能性大です。食物をかむときに活躍する咬筋は、咀しゃく筋とも言われ、かめばかむほど多くのメリットがあります。

この筋肉を強化することで、横顔もすっきりシャープになってきます。また、かむ行為で脳細胞が刺激を受け、ボケ防止にもなる、歯茎の健康を保つ、などなど……。動かさなければ絶対損をします。

1.頬骨の下あたりから始まり、エラのほうに向かって縦に続く咬筋を鍛える運動です。まず、奥歯を軽くかみ合わせ、唇を軽く閉じます。意識は目的の筋肉のほうに集中させていきます。

2.唇は動かさないで、奥歯にギュッとチカラを加えていきます。5秒かけて、だんだんと奥歯をかみしめていってください。

そのあと、また5秒かけて1.の状態に戻します。チカラの入れ方さえ覚えればとても簡単にできるようになります。

∇ポイント 

咬筋の動きは、顔の外側からでも確認できます。歯をくいしばったときに出る、エラの部分の盛り上がりがそれ。フェイスニングをやりながら、実際に手で触ってみると、筋肉がどう動くかわかります。さっそくチェックしましょう。

オンリーミネラル おぐねーも大絶賛! 素肌を守るファンデは、やっぱりミネラルファンデーションです。メイクがよれることもなく、一日中キレイに素肌美人でいられます。オンリーミネラルファンデーションの人気が高い理由は、石けんで普通に落とせるところですね。

皮膚の老化を招く最大の悪役は紫外線

皮膚はなぜ、どのように老化するのでしょうか。年とともに人間も物も、あらゆるものは老化するのは事実ですが、皮膚に関しての主な原因に光老化があります。これは紫外線によるダメージのことです。

紫外線による害は実に恐ろしく、わずか数分間だけ浴びても肌に大きなダメージを与えます。長い年月にわたれば、シミ、シワ、たるみを引き起こす大きな原因になります。

これほど皮膚の老化に悪影響を及ぼすものは、ほかにはないといってもいいくらいです。その証拠に、紫外線にほとんど当たらないわき腹や太ももの内側は、若々しい肌の状態を保っています。

肌に有害な紫外線にはUV-AとUV-Bの2種類があります。

UV-Aの怖いところは皮膚の真皮にまで到達し、コラーゲンとエラスチンのふたつの繊維を壊す酵素を増やしてしまうことです。その結果、コラーゲン繊維は細かく切断され、エラスチンは変性されてしまいます。こうなると皮膚は弾力を失ってたるみ、ひだやシワができます。また細胞が遺伝子レベルで傷つき、皮膚の免疫力が低下してしまいます。

いっぽう、UV-BはUV-Aのように、真皮まで届くことはありませんが、エネルギーが強く、メラニン細胞を活性化させて、多量のメラニンを生成させる作用があります。

このため皮膚は日焼けを起こし、表皮細胞の遺伝子に傷がつくため、シミや皮膚ガンの原因になります。コラーゲン繊維を壊すコラゲナーゼという酵素の働きも強めるため、間接的ではあってもシワの原因にもなります。

 

真皮はコラーゲンが主な成分

真皮は、そのほとんどが膠原繊維からできています。これはコラーゲンと呼ばれる繊維性のたんぱく質成分のことです。コラーゲンと言えば、最近では美肌効果の代名詞のようになっており、フカヒレや鶏の手羽先など、たくさん含まれているといわれるゼラチン質の食材は、女性たちの人気を集めています。

それはともかく、真皮層には、このコラーゲンが網目状にびっしりと張りめぐらされています。さらに、弾性繊維(エラスチン)という弾力性に富んだ繊維も混在しています。

皮膚に独特の弾性があるのは、このエラスチンとコラーゲンのおかげです。これら2つの繊維の間を毛細血管がこれまた網目状に張りめぐらされたうえに、知覚神経やリンパ管が走り、毛根、汗腺、皮脂腺などが備わっています。これらがそれぞれの役目を果たすことで、皮膚を保護すると同時に、皮膚そのものに活力とうるおいを与えているのです。

皮膚というものが単なる「皮」でなく、人体のなかの立派な「臓器」のひとつであることがおわかりいただけたと思います。ついでにいうならば、成人の皮膚の表面積は約1.6平方メートルで、ほぼ畳一畳分もあります。

平均1~2ミリ程度の厚さしかないとはいえ、人間の臓器・器官としては、最大規模のものと言えます。大いに認識を改める必要がありそうです

 

皮膚は約28日でアカとなって剥がれ落ちる

赤ちゃんのプルンプルンの肌をみると、思わず頬ずりしたくなる人も多いことでしょう。それにくらべて我が身は……。いえ、嘆いてばかり言っても始まりません。皮膚の老化はなぜ、どのように起こるのか……。

皮膚は外側から、表皮、真皮、皮下組織の3層構造になっています。このうち、皮膚の老化に直接かかわるのは、主に表皮と真皮の2層です。

表皮は、いちばん外側の角質層から、いちばん内側の基底層まで4~5層の構造になっています。基底層では絶えず新しい細胞がつくられていて、生まれたばかりの細胞は、成長しながら皮膚の表面へと移動していきます。

いちばん表面まで移動した細胞は、角化して角質層を形成します。この層が皮膚の、というより人体の最も外側で体を守るバリアの役目を果たしています。

角質はやがてアカになり、皮膚からはがれ落ちていきます。新しい細胞として生まれ、アカとしてはがれ落ちるまでに、20代で約28日かかるといわれています。

これがよく言われる皮膚のターンオーバーですが、このサイクルは30代で約40日、40代で約55日と、加齢とともに長くなります。いかにスムーズな新陳代謝を保つかが、肌を若々しく保つ大きなポイントになります。

エステのキャビテーションコース

エステのキャビテーションコースや痩身で取り入れられることも多いリンパドレナージュは、どのようなものなのでしょうか。
まずはリンパの流れが悪くなる原因を知りましょう。
冷えやストレスによるホルモンバランスの乱れ、運動不足、栄養の偏りなど、原因はいろいろあります。
詰まって流れが滞ってしまったリンパの流れをよくするためにおこなうのがリンパドレナージュです。
主に痩身の目的でキャビテーションコースに組み込まれたりしているリンパドレナージュですが、老廃物や有害物質が体外に排出されるので、便秘の解消と同様、美肌効果も抜群です。
リンパドレナージュの方法は、リンパ液が停滞しているリンパ管に沿って、ゆっくりと押し流すようにマッサージして流れを作り出します。
リンパ節というのは、たまった老廃物や有害物質の出口の役割を持つ部分のことで、大きなものはわきの下、鎖骨、足の付け根、ひざの裏などにあります。
リンパ節に向かって、体の中の老廃物を流していくようにマッサージするのが、リンパドレナージュです。
マッサージ中に強い痛みを感じる場合、その部分のリンパが滞っている可能性が大きいです。
力を入れず、さするように流しても効果があるので、自分でもたまに意識してリンパを流してみましょう。